※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

お知らせ

 顔のかゆみでお困りのかたが多いですね。
目の周りは、花粉症によることが多いようですが、それ以外にも、皮膚の乾燥(洗顔の問題もあるかも)、花粉やほこりなど空気中に舞っているものの問題、化粧品の問題、マスクの刺激など、さまざまなことが原因として考えられます。 また、うなじやひたいや髪の生え際などに、シャンプーやトリートメント類でのトラブルと思われる症状も多いようです。
  特にかゆみはないけれど、女性に多い顔の問題で、「しゅさ」という症状のかたが増えていますね。これは、顔が赤くなったり赤いぷつぷつが消えない、という症状です。顔にステロイド外用剤をながく使用したときに、その副作用として起こる場合もありますが、それを使用していないかたにも生じます。原因はよくわかっていません。治療でおさまることが多いですが、再発を繰り返しやすいです。
 
 顔の症状でご相談の際は、お化粧なしで見せてください。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~

当院では、

 アトピー性皮膚炎の治療は、保湿剤を使いながらの外用療法が大切と考えて行っています。ただ、保湿剤は間違った使い方をするとかえって症状が悪くなることもあるようです。

 まき爪について : 軽症のかたはコットンパッキングや爪クリップ法、痛みのある方に対しては、ワイア法とVHO(3TO)法での矯正をおこなっています。
特にVHOは、1回の料金は高めですが、安定していて特に不便さもなく喜ばれています。
個人差もありますので、お話し合いのうえ決めていくようにしましょう。

 ざそう(にきび)の治療は、抗菌剤の外用や内服、アダパレン、漢方薬の併用療法を中心にしながら、必要な時にはケミカルピーリングなどをお勧めすることもあります。

 
 紫外線療法は、乾癬、白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎などに対して行っています。ナローバンドUVと、エキシマライトを準備しています。