※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

趣味

松山 宇和島

H22年9月の連休に愛媛に行ってきました。「坊ちゃん」の町松山と、シーボルトの娘イネがシーボルトの教え子であった二宮敬作のもとで医学を学んだ町の宇和島に憧れがありましたし、福山と宇部を結ぶ「しまなみ海道」も渡ってみたいと以前から考えていました。風光明媚であるだけでなく、人々が親切で人なつこく、市内電車と呼ばれる路面電車はなんとも和やかで、思っていた以上に居心地がよかったです。
宇和島になぜ伊達家があったのかという以前からの私の疑問に対していねいに答えてくださったボランテアの案内係の紳士の、誠意あふれる対応にも感動いたしました。
松山 宇和島

 

ベルです


 わたし、ロップイヤーラビットで、名前は「ベル」です♪
  いま、1歳と8か月。

耳が垂れてるけど、「みみだれ」ではないわよ。ここのとし子さんが「みみだれちゃん」ていうのよ~~。でも、あの人がくれる、菜花はおいしいわね。ちょっとくやしい。
 

 

吉村昭氏





吉村昭氏の本が好きです。
数年前に皮膚科の学会で氏の特別講演がありました。もちろん普通は皮膚科関連の講演がもたれるのですが、その回の主催者が偉大でした。吉村氏をお呼びになったのです。講演のあと、思い切って氏に歩み寄り、もっていた著書「桜田門外の変」上巻を差し出してサインをお願いしたところ、控え室に入れてくださり、私の好きな作品を聞いてくださって(間宮林蔵、長英逃亡、ふぉん しいほるとの娘、などを答えました)サインを下さりました。宝物です。(「桜田門外の変」は映画化されましたし、「三陸大地震」での考察の確かさはさきの震災で証明されました)
吉村昭氏

 

富士山

冬は、晴れると富士山が良く見える日が多いですね。思わぬところで富士山が見えたりするととっても得した気持ちになります。京浜急行の上大岡駅よりすこし下ったところで、車中からほんの数秒見ることができるんですよ。
亡くなった茨城の実母が富士山が好きで「近くで大きく見える富士山がみたい」と言っていたのに連れて行ってあげることができずにかわいそうなことをしてしまったと悔やんでいます。
 文化遺産に認定されさらに観光客や登山客が増えたようですが、ニュースを見ているとすごく心配になります。自分の自己満足のために登って富士山を汚さないでください!

 

正月2日、3日

お正月の2日,3日は箱根駅伝を見ます。選手らの健闘や駆け引きに見入ってしまいます。
ことし(H29)も京浜急行戸部駅近くで、往路第2区の観戦、旗振りをしました。今年は、いつも応援している大学が出ていなかったのが大変残念ですが、2区では学連選抜チームにその大学のひとりが出ていて、来年の再起を期す気持ちを込めて声援を送りました。ここ3年、その沿道でお会いするかたがいらして、今年も一緒に観戦できました。翌日の復路は、保土ヶ谷で観戦しました。
3年連続で青学はすごいです。新しい感覚でわかものの力を伸ばす指導法がよいことが証明されていますね。
 

 

山種美術館

絵を描くのはできないけれど、観ることはできますね。
日本画を見るのが好きです。広尾の山種美術館は時々行きます。浮世絵はちょっと苦手ですが、明治大正の日本画は素晴らしいです。
「日本画の教科書」と銘打って名作選特別展を行っています。12/10~2/5は京都編(写真):竹内栖鳳の「斑猫」、素晴らしいですね。その他、山本春挙、福田平八郎などなど細かいところまできれいで見事です。
(東京編は2/16~)

 

  

マグカップ

コーヒーをいれたときに、その日の気分でカップを選びます。人が来た時には、その人に合わせて?選んだり、選んでもらったりします。

最近お気に入りなのは、右手前のオレンジ色のカップです。軽いし、持ちやすく、この写真でははっきりしませんが、外側のオレンジ色がきれいなんです。