※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

映画

最近見た映画でよかったもの

 

「92歳のパリジェンヌ」 2016.7.

助産婦の仕事を引退し、体の衰えを嘆きながらも、子や孫に囲まれて穏やかに暮らす92歳のマドレーヌが、思いがけない発表をする。それは、自らの意思で人生に幕を下ろすというもの。おどろいた家族たちは反対するが、彼女の話をきくうちに・・・・

 
 

 

 
ロバート=レッドフォ-ド、しばらくみていませんでした。久しぶりに、それも2作。「ニュースの真相」ではベテランキャスターの役。顔がかなり変わってしまったので驚きでした。しかし、「ロングトレイル」を見ると、まずまずの年のとり方であり、「ニュース・・」ではかなりメイクしていたのだと わかりました。
 

 

 


 「ヒトラーの忘れ物」 (LAND OF MINEデンマーク/ドイツ)

 戦中にデンマークの海岸にナチスドイツが埋めたおびただしい数の地雷を、終戦後残された若きドイツ兵が、デンマーク人の指揮官の指令のもとで除去する作業を強いられたという史実。


 最近、ナチスやヒトラーを題材にした映画が多いと感じていましたが、朝日新聞の文化面にそうありました。
  
  2015 .8. ふたつの名前を持つ少年
     10. 顔のないヒトラーたち
        ヒトラー暗殺、13分の誤算
  2016. 1. サウルの息子
      4.  アイヒマンショー
      6. 帰ってきたヒトラー
      8.  栄光のランナー 1936ベルリン
     10. 手紙は覚 えている
     12. ヒトラーの忘れ物
  2017.1.アイヒマンを追え
 

 

 

 「ブルーに生まれついて」

1950年代に活躍したジャズトランペッターで、「ジャズ界のジェームス=デイーン」といわれたチェット=ベイカー。麻薬、麻薬に出し、暴漢におそわれてトランペッ、ト奏に必要な前歯を全部失ったり、悲劇に襲われながらの演奏活動。

彼を演じたイーサン=ホーク。いつもの甘い表情が、今回は、苦悩に満ちているシーンが多かったですね、良い役者さんです。
 

 

お得な・・・・

映画は通常1800円ですが、私はほとんど1000円(または1100円)で観ます。
毎週水曜がレデイスデイ(ムービルやシネスイッチは金曜です)、TOHOは毎月14日、川崎109は19日、チネチッタは23日に、毎月1日は映画の日で誰でも、60歳になればいつでも、1000(または1100)円ですし、片方だけでも50歳を越えていれば男女で2000(または2200)円です。写真のようなポイントカードでポイントためて「6回(映画館によって5回とか8回とか)見れば次は無料」というサービスのお世話にもなってます。
 黄金町のジャックアンドベテイはマイナーながらいい映画がたくさん来ます。スタッフのやる気と誠実さはすごいと思います。(切符売り場のお姉さんがもうすこし優しいと言うことないんですが・・)