※上記QRコードを読み取っていただきますと、スマートフォンからスマートフォンサイトが閲覧可能です。

お知らせ

 秋めいてきました。夕方からは、秋の虫の声が聞こえます。

でもまだまだ、汗によるかゆみや皮疹、細菌や真菌(カビ)の感染症が起こりがちです。子どもたちはとびひ(湿疹+細菌)、おとなは白癬(ミズムシ、タムシ)などが多いですね。


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 かおのかゆみなどの症状は、もともと乾燥肌になりやすいかたに起こりやすいようですが、ほこりや花粉や紫外線などの環境要素、洗顔料やクレンジングの界面活性剤の問題、体調、ストレス、女性ホルモンの不調、使用している点眼剤などが関連していることがあります。
 

 アトピー性皮膚炎は、体質によっておこる乾燥肌が、かゆみを感じやすく刺激に負けやすいことで症状が出ます。そのため、保湿をして乾燥肌を解消しながら治療をしていくことが大事と考えています。でも、治療薬(ステロイド剤)が必要な症状が出ているのにそれを使わずに保湿剤だけを塗っていたり、保湿剤を擦りこむように使用したりすると、症状が悪くなることもあります。ご注意を。
 

 ほくろのがんの話題がよくテレビなどで放送されますね。ご心配な「ほくろ」は、どうぞご相談ください。
 乳幼児期からあるほくろは、ちょっと大きかったり真っ黒だったりしても心配ないことが多いです。でも手のひらを超えるような大きなものはがん化することもあるので注意が必要です。 おとなになってからできたほくろも、心配ないものがほとんどですが、大きさや形や表面の状態が変化するものはチェックや経過観察が必要です。
 一方、40代くらい以降に生じる、ほくろに似た「脂漏性角化症」は加齢性の変化で、「悪性のほくろか?」と心配なさって受診されるかたの症状の多くが、これのようです。でも、ご心配なら、みせてくださいね。

 ニキビは、抗菌薬の外用や内服、漢方薬の内服、毛孔の脂を減らす外用剤など、保険の範囲内の治療を行い、無効の時は他の外用剤を試したり、必要ならピーリングを行うこともあります。

 まき爪の矯正治療を行っています。いくつかの方法がありますが、症状や個人差もありますので、相談して決めていきましょう。


  白斑、乾癬、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎に対して、紫外線治療を行うことができます。