※上記QRコードを読み取っていただきますと、スマートフォンからスマートフォンサイトが閲覧可能です。

医師のご紹介


* 



  皮膚科専門医として、皮膚のトラブルについてはもちろん、皆様が「これって皮膚科でいいのかしら?」と思うことも相談できる家庭医として、地域医療をになう役割を果たしてゆきたいと思っております。

               院長  川口 とし子
 





 


 

 

経歴

昭和54年 茨城県立土浦第一高等学校卒
昭和60年 国立金沢大学医学部卒 横浜市立大学研修医
昭和62年 横浜市立大学皮膚科入局
平成  3年 横須賀共済病院皮膚科医長
平成  5年 横浜市立大学皮膚科助手
平成  9年 横浜南共済病院皮膚科部長
平成16年 かわぐち皮フ科開業



日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

 

*令和3年のさくら

 3密を避けるということを考えながら、まだ2,3分咲きの大岡川沿いの桜を、歩きながら楽しみました。
人はまださほど多くなくて、昨年に続いて露店もなく、ゆっくり歩けました。このソメイヨシノたちももちろんきれいでしたが、ちょっとした事件がありました。あるところで、作業着姿の市の職員と思われるかたたちに、「桜の枝、持って帰ってください」と声をかけられました。「大島桜の大きな枝が折れたのを除去して始末するので、花も捨ててしまうことになるので、よかったらお持ち帰りください」とのこと。花もつぼみもいっぱいついた、瑞瑞しい枝を数本頂けました。予定を変更して、すぐ帰宅して、水にさしました。うつくしい・・・。作業のかたたちも、お花が好きなかたたちなんだと思います。




 

*野球

プロ野球や高校野球を見るのが好きです。

出身県の常総学院が選抜に出場しましたが、昨年から島田直也さん(優勝したころの横浜ベイスターズにいましたし、最近までピッチングコーチをしてたんじゃないかな)が監督になったので、楽しみにしていました。(彼自身、常総のエースピッチャーだったですからね)  初戦勝って、おめでとう!
第2戦は残念な結果でしたが、また夏に期待しています!
それにしても、勝ったあとのインタビューであんなうれしそうな顔をみせた監督もそういませんよね。

ベイスターズは、外人選手を欠いて苦しい立ち上がりでしたが、3人が来日できたそうです!はやく2週間経って!