※上記QRコードを読み取っていただきますと、スマートフォンからスマートフォンサイトが閲覧可能です。

医師のご紹介

 



 これまでの知識と経験を生かした皮膚科専門医として、皮膚のトラブルについてはもちろん、皆様が「これって皮膚科でいいのかしら?」と思うことも相談できる家庭医として、地域医療をになう役割を果たしてゆきたいと思っております。



 3/3の東京マラソンで日本人で1位にはいった堀尾選手のことがニュースで取り上げられていましたが、彼は、箱根駅伝の中央大学のエース選手で、4年生。毎年花の2区を走る人です。中央大学が出場できなかった2年前の大会でも、学連選抜で2区を走りました。私は、毎年1/2に京浜急行戸部駅脇で、箱根駅伝2区の走者たちを旗を振って応援するのですが、わけあって中大を応援しているので、「堀尾~!」とやっていたのです。今年の1月も、かれは調子よかったですね。その彼が、今回、マラソンでも注目を集めて。
社会人陸上のマラソンで、期待出るかも!

 


     ・・お願い・・
 顔の症状でご相談のかたは、お化粧なしでみせて下さい。「これくらいの薄化粧なら見えるでしょう?」とおっしゃるかたが多いのですが、すみません、支障あることが多いのです。 
 
 


 

 

経歴

昭和54年 茨城県立土浦第一高等学校卒
昭和60年 国立金沢大学医学部卒 横浜市立大学研修医
昭和62年 横浜市立大学皮膚科入局
平成  3年 横須賀共済病院皮膚科医長
平成  5年 横浜市立大学皮膚科助手
平成  9年 横浜南共済病院皮膚科部長
平成16年 かわぐち皮フ科開業



日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

 

  



 
 さやえんどうの花が咲きました。
マメ科の花特有の形をしていますね。ハギやスイートピーが仲間なのはよくわかりますが、クローバーや蓮華、デイゴもマメ科だそうです。