※上記QRコードを読み取っていただきますと、スマートフォンからスマートフォンサイトが閲覧可能です。

医師のご紹介

7がt

 





  皮膚科専門医として、皮膚のトラブルについてはもちろん、皆様が「これって皮膚科でいいのかしら?」と思うことも相談できる家庭医として、地域医療をになう役割を果たしてゆきたいと思っております。
 


     ・・お願い・・
 ミズムシかもしれない症状があるとき、市販のミズムシ薬などを塗ってみてから受診されると、ちょっと困ります。できたら、なにも塗ったりしないうちにみせて下さい。 


 7月の末ころ、やっとニイニイゼミが鳴き始めたと思ったら、もうミンミンやクマゼミの声が聞こえるようになってしまいました。体調壊しそうですね。気をつけてください。
 


 
 


 

 

経歴

昭和54年 茨城県立土浦第一高等学校卒
昭和60年 国立金沢大学医学部卒 横浜市立大学研修医
昭和62年 横浜市立大学皮膚科入局
平成  3年 横須賀共済病院皮膚科医長
平成  5年 横浜市立大学皮膚科助手
平成  9年 横浜南共済病院皮膚科部長
平成16年 かわぐち皮フ科開業



日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

 

趣味   その1 


映画を映画館で観るのが好きです。

イーサン=ホーク、いいですね~。恋愛ものやサスペンスものを演じていた万年青年も、円熟味を増して重厚な役が似合うようになりました。
信者の悩みを聞く牧師が、女性の悩みを聞きます。環境問題に取り組んで将来を憂えるようになった夫が、おなかのなかの赤ちゃんの出産を反対している、と。そしてまもなく、自分の教会の母体が公害問題を起こしている企業からの献金で成り立っていると知って、彼も・・・・
 ややふっくらしたせいか、顔のしわが無くなって、むしろ若々しくなったような気がします。




柳楽君もいいですね。
彼が14年前「だれもしらない」で、あの長男役を演じた時からのファンです。顔も雰囲気もそれほど変わっていないような気もします。一時プライベート
のことで心配されましたが、大河ドラマでの存在感のある演技がみられ、その後もややコミカルな役もこのような深刻な役も 実にうまく演じられる人です。
ひととのかかわり方が下手な青年の役が多いですね。この2作もそんな切ない話です。
 



 




 

趣味   その2 




草木

 



今年もザクロの木が花をつけ、実がなり始めました。ザクロの花の色が、なんともいい色です。